-糖尿病の原因と対策

2009年8月アーカイブ

糖尿病の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

あっという間に本格おかずセット!【糖尿病食 いか団子のあんかけセット】

 

糖尿病の原因には多くの要素が絡みあって発症します。どのような原因があるのか分かれば、予防にも役立てる事に繋がるのではないしょうか。

糖尿病のひとつ、2型糖尿病について考えてみましょう。2型糖尿病の原因は複雑です。反面、1型糖尿病では原因がはっきり判明していない上に発症が予測できず、妊娠糖尿病は妊娠中のみに現れる疾病ですが、原因はある程度予測できるものです。

では、2型糖尿病の原因は何かというと、現代病とも言われる糖尿病だけに、便利な交通機関が登場し、食事の西洋化が進むに連れて発症している事からも、運動不足や高カロリーな食事、また、ストレスなどによってインスリンの分泌不足になってしまう事だとされます。今の生活は血糖値を上げてしまう要素が多い為に、糖尿病が誘発されやすい状況です。それから、ストレスも原因とされるのも、ストレスによって暴飲・暴食が引き起こされることで肥満になりやすいことが影響しています。

更に、糖尿病は遺伝的要素も潜んでいます。2型糖尿病に限っての事ですが、家族に糖尿病患者がいると罹患しやすい危険度が高まるとされ、両親共に糖尿病の場合では75%以上の、片方が糖尿病の場合は25%以上の確率で発症するとされます。しかも、日本人は欧米人と比較するとすい臓の抵抗力が低く、糖尿病を発症しやすいデータもあります。
治療の為にも原因を確定し、改善に努めるのはとても重要な事でしょう。

糖尿病の治療

| コメント(0) | トラックバック(0)

キューピーユニットカロリー グルメおかずセット☆継続利用の方にお得な28食セット☆ [糖尿病食...

 

糖尿病の治療はどのような流れで行われるのかを説明してみましょう。
糖尿病の治療の流れはタイプによって違いがあるものの、最初の段階では食事療法と運動療法が試みられます。特に、2型糖尿病では生活態度の乱れから発症する事が多い為に、栄養バランスの良い食事や定期な運動を行うだけでも血糖値が下がり、体内環境が良くなることがありますから、糖尿病の治療として、まずこれらの改善に注意するように医師から指導されるでしょう。

また、糖尿病の原因にはアルコールなどの嗜好品にも関係があります。健康的な生活が出来るように、糖尿病治療を機に飲酒の量を控えたり、禁煙するのも効果的です。

糖尿病が進行し、生活面の改善では治療が追いつかない場合は、より積極的な治療が行われることになり、経口血糖降下薬による薬物治療へと切り替えられます。経口血糖降下薬とは上がりすぎの血糖値を正常化させ、糖尿病が引き起こす合併症のリスクから遠ざける目的で処方される薬物を総称したものです。糖尿病患者にとっては血糖値コントロールに重要な治療になります。

糖尿病が重度の場合などには、インスリン治療としてインスリンをペン型の注射器などによって皮下注射し、血糖値上昇や糖尿病型昏睡などの治療に移行します。
このように、糖尿病の治療は段階を踏んでより医学的に高度な方法が取られていきます。

 

 発毛  夜泣き  手元供養  産み分け

おいしい!簡単!低カロリーのおかずセット![送料無料!]【糖尿病食ユニットカロリーグルメ 1...

 

糖尿病を改善する第一歩は食事療法とされています。なぜなら、忙しくて運動するための時間が取れなくても、毎日の食事を工夫し、糖尿病の改善に役立てる事は取り組みやすいからです。食欲を抑えられない、又は甘い物が止められない方もいるでしょうが、食事療法は比較的始めやすく、血糖値を下げる効果が期待できるでしょう。

糖尿病において食事療法を行うには、今までの食事の見直しが必要です。特に、2型糖尿病では原因に高カロリーの食事や栄養バランスの悪い献立などがあり、脂肪を控え目にしてミネラル・ビタミン、食物繊維が豊富な食事内容に変えていく事が大切になります。
糖尿病の食事療法は、摂取カロリーを標準体重から割り出し、計算したカロリー内に納まるようにメニューを決めていく作業が求められます。

標準体重の算出は身長(m)×身長(m)×22になり、この値を利用して、標準体重に生活活動強度をかけたものが適切な1日摂取カロリーになります。生活活動強度はレベルに応じて25~40に振り分けられ、普通の会社員なら生活強度Ⅱ(中等度)の30~35をかけると良いでしょう。

糖尿病では食品交換表の利用も大切で、食事療法を進める為にも、予め管理栄養士などの指導を受けて、食品交換表の便利な使い方を学んでおく事をお勧めします。

 

 ダイエットウォーキング運動の効果  アロマテラピー  育児の悩み

【ニチレイ】 【糖尿病食】 チキンカレーセット 4単位食320キロカロリー カロリーコントロ...

 

糖尿病が食事療法や運動療法で改善しない場合は、薬物治療が行われます。
糖尿病に使われる薬物は、経口の糖尿病薬と、注射によるインスリン導入に分けられます。糖尿病の薬物治療には多くの種類があり、効果も使用法も異なりますから、医師と相談の上で最も合うものを決めて治療を進めましょう。

経口糖尿病薬は、糖尿病が軽度~中度の患者に主に処方され、種類はスルホニル尿素薬やビグアナイド薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、即効性インスリン分泌促進薬、インスリン抵抗性改善薬、即効性インスリン分泌促進薬が挙げられるでしょう。

糖尿病では、スルホニル尿素薬とビグアナイド薬は昔から使われてきた名の知れた薬であり、副作用も少なくて頻繁に処方されています。α-グルコシダーゼ阻害薬は食後の血糖上昇を抑えてくれる薬で、インスリン抵抗性改善薬はインスリン抵抗性を鎮めてインスリンの利きを良くします。糖尿病患者でも、食事や運動による効果が薄く、インスリン非依存の場合には、即効性インスリン分泌促進薬が効果的でしょう。

インスリンが不足、あるいは全く分泌されない時には、インスリンの注射が行われます。それから、糖尿病では常に低血糖に注意が必要ですから、薬物治療をしながらも測定を行い、血糖値のコントロールを意識するのが大切です。

 

 友紀奈のちりも積もれば  モノコムサのランチボックス  年末年始短期アルバイト
カテゴリー
更新履歴
糖尿病の原因(2009年8月 3日)
糖尿病の治療(2009年8月 3日)
糖尿病と食事療法(2009年8月 3日)
糖尿病と薬物治療(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
糖尿病の原因(2009年8月 3日)
糖尿病の治療(2009年8月 3日)
糖尿病と食事療法(2009年8月 3日)
糖尿病と薬物治療(2009年8月 3日)